中富良野町強靱化計画の策定について

中富良野町強靱化計画の策定について

 平成25年(2013年)12月に「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靭化基本法」が施行され、平成26年(2014年)6月には基本法に基づく「国土強靭化基本計画」が閣議決定されました。
 北海道においても自然災害リスクに対する取り組みを進め、北海道の強靭化を図るための地域計画として、「北海道強靭化計画」が平成27年(2015年)3月に策定されました。
 中富良野町においても、防災・減災に対する取り組みを強化してきているところですが、自然災害に対する脆弱さを見つめ直し、強靭化を図ることは今後想定される大規模自然災害から町民の生命・財産を守り、本町の持続的な成長を実現するために必要であるのみならず国・北海道の強靭化を進めるうえでも必要であり、国、北海道、民間事業者、町民などの総力を結集し、これまでの取組を更に加速していかなければなりません。
 こうした基本認識のもと、中富良野町における国土強靭化に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため「中富良野町強靭化計画」を策定しました。

pdf 中富良野町強靱化計画 (1.5MB)(令和3年(2021年)6月一部修正)
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る