マイナンバー制度に便乗した詐欺にご注意を

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の搾取を行おうとする電話、メール、訪問等に関する相談事例が全国で寄せられています。消費者庁では、マイナンバー制度に便乗し現金をだまし取られる事例も報告されています。

マイナンバー制度に便乗した不審な電話や訪問には、次のような注意点に注意いただき、このような電話等がありましたら、警察署等へご相談ください。

◆マイナンバー(個人番号)は法律で定められた事務(社会保障、税、災害対策の3つの行政分野)以外の目的で取得・提供することは禁止されております。

  • また、なりすましなどの不正利用を防止するため、マイナンバーを利用する手続では、原則、顔写真付きの身分証明書などで本人確認を徹底することになっています。
  • 提供する際はしっかりと提供相手と利用目的を確認してください
※マイナンバーの利用について、こちらをご参照ください。
 また、マイナンバー制度については、内閣官房 社会保障・税番号制度ホームページ
 よくあるお問い合わせについては、内閣官房 よくある質問FAQをご参照ください。


◆行政機関をかたった不正な勧誘、口座番号や世帯情報など個人情報の聞き出しにご注意ください。

※マイナンバー制度では、行政機関などが、電話や訪問でマイナンバーを聞き出すことはありませんので、みだりに他人にマイナンバーを教えないでください。また、ATMの操作をお願いすることもありません。

 
 

ご相談は、各窓口まで

《マイナンバー制度全般のご相談》
  • マイナンバー総合フリーダイヤル  0120-95-0178(無料)
※IP電話等で繋がらない場合は 050-3816-9405 におかけください。
※平日 9:30~17:30(平成28年3月までは平日22:00まで、土日祝9:30~17:30まで開設)
 
《不審な電話、訪問などのご相談》
  • 消費者ホットライン    188(いやや!)
※原則、最寄りの市区町村の消費生活センターや消費生活相談窓口などが案内されます。相談できる時間帯は、それぞれの相談窓口で異なります。
  • 警察 相談専用電話  #9110 又は最寄りの警察署まで
※#9110は原則、平日の8:30-17:15(※土日祝日・時間外は、24時間受付体制の一部の県警を除き、当直又は留守番電話で対応)
 
《マイナンバーが含まれる個人情報(特定個人情報)の取扱いに関する苦情など》
  • 特定個人情報保護委員会 苦情あっせん相談窓口  03-6441-3452
※平日 9:30-17:30
  

※お住まいの市区町村でもマイナンバーに関するお問い合わせに対応します。

お問い合わせ

電話 0167-44-2124/FAX 0167-39-3884

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る