認知症サポーター

あなたも認知症サポーターになろう!

認知症って何?
いったん正常に発達した知的機能が持続的に低下し、複数の認知障害があったために社会的に支障をきたすようになった状態(引用)

認知症は高齢者に見られる病気のひとつです。近い将来に認知症の高齢者が増加する傾向にあります。
認知症になった高齢者やその家族を支えていくためには地域に住んでいる人達が認知症を理解し適切な対応をしていくことが必要です。

認知症サポーター養成講座の開催

認知症サポーター養成講座を希望に応じ中富良野町と連携し開催致します。

対象

各種団体、学校、職場団体、町内会、各グループ等

研修内容

認知症に関する基礎知識の習得、認知症の人やその家族への支援のあり方

研修時間

おおむね1時間~1時間30分程度

高齢化社会を迎え、一人でも多くの高齢者が住み慣れた地域や家庭で生活できるように支援することがサポーターの役割であるといえます。
一人でも多くのサポーターが誕生するのをお待ちしております。

【お知らせ】
認知症サポーター100万人キャラバン
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る