早く逃げる

万が一の避難 10のポイント

避難
  1. 天井に炎が燃え移ったら消火をあきらめ避難しましょう。
  2. 服装や持ち物にこだわらず、少しでも早く避難しましょう。
  3. 避難する時は、お年寄り、子供などを優先しましょう。
  4. 避難する時は、ちゅうちょせず炎の中を一気に走り抜けましょう。
  5. 準備が可能であれば、タオルやハンカチを濡らし口、鼻をふさぎ避難しましょう。
  6. 煙の中では姿勢を低くして、煙を吸い込まないようにしましょう。
  7. 避難する時は、燃えている部屋のドアや窓を閉めて延焼を防ぎましょう。
  8. 故障や、火の通り道になる危険性のあるエレベーターは使わず、階段を使って避難しましょう。
  9. 一度逃げ出したら、絶対に戻らないようにしましょう。
  10. 逃げ遅れた人がいたら、消防隊員にすぐに知らせましょう。

火災で亡くなられたかたの約7割が逃げ遅れです。初期消火の限界を見極め、早めに避難しましょう。
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る