森林施業集約化普及・定着促進事業について

中富良野町の森林にモデル地区を設定し、「森林施業集約化・定着促進事業」を実施しています。人工林の過剰な伐採を抑制し、適切な資源管理に基づく森林づくりを推進するため、町や森林組合等の森林事業体、森林所有者、地域住民等による合意形成を図り、地域が一体となった集約化による低コスト施業等を促進する体制を整備し、森林資源の循環利用や公益的機能の維持増進を図ることを目的としている事業です。事業の詳しい内容は下記の北海道ホームページに掲載されておりますのでご覧ください。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る