新農村づくり総合支援事業について

1.趣旨

補助金等についてもこれまで様々な形で議論、見直しがされてきましたが、行政指導型傾向にあり、農業者の自主性にやや欠けた事業制度となっていました。
そこで、農業者が自発的に事業計画を構築し自己責任において、取組みができる制度とし、補助金の適正かつ効果的に配分するために公募による補助制度を設け、農村づくり総合支援補助事業を実施します。

2.事業内容

公募による補助事業

特に行政上制度がないもの
例えば、農業者・農業者団体の自主的・自発的な活動等の事業、イベント・宣伝等、消費者ニーズに対応した事業、農村女性活動等の事業、担い手育成、地産地消、新規作物導入、持続型農業、クリーン農業、安全・安心、トレーサビリティ、自然環境の保全、リサイクルの推進、国や道の動向等々の農業情勢、社会的背景に合致している事業など
(注) ただし、農業機械器具については50万円以上は事業対象外

3.補助率 1/2

事業費限度額 個人:200万円以内団体:400万円以内

4.応募資格

  1. 町内に在住する農業者及び農業関係者3人以上で構成される団体。 政治、宗教を目的とする団体と町の施策的補助金を受けている団体は応募ができません。
  2. 農業者がいきいきと営農できる環境づくりと農業経営の向上及び利益につながる事業、又は活動。

5.申込方法

  1. 受付期間 年2回広報を通じ周知いたします。
  2. 提出先 役場産業建設課 農政畜産林務係へ直接持参下さい(郵送、電子メールは不可です)

新農村づくり総合支援補助事業補助金等公募申請書類一式

  • 様式1 新農村づくり総合支援補助事業補助金等様式 doc 様式1 (25.0KB)
  • 様式2 事業・活動・効果計画書(2枚)  doc 様式2 (22.5KB)
  • 様式3 団体の概要調書 ((注) 個人の場合は、提出の必要がありません) doc 様式3 (23.5KB)
(注) 企画書、写真、設計書など説明書類を添えて、提出をお願いします。
(注) 個人での申請の場合は、営農計画書も添えて、提出をお願いします。

6.決定方法及び採否等

  1. 決定方法 = 第三者期間である補助金等検討委員会での審議、審査を経て決定されます。
  2. 審査基準 = 時代度、実現・目的達成可能度、創造性(独創性)、中富良野町らしさ
  3. ヒアリング = 補助金等検討委員会が必要に応じて行う場合があります。
  4. 採否の通知 = 選定結果通知書により後日に通知します。

7.お問い合わせ

不明な点がありましたら、役場産業建設課 農政畜産林務係までお問い合わせください。
電話:0167-44-2123
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る