ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  戸籍・住民票・印鑑証明など >  マイナンバー(社会保障・税番号)制度について

マイナンバー(社会保障・税番号)制度について

マイナンバー制度とは

  • 社会保障・税制度の効率性や透明性を高め、利便性の高い公平・公正な社会を実現するための制度です。
  • 平成27年10月より住民票の有するすべての方に、12桁のマイナンバー(個人番号)が通知され、希望される方にはマイナンバーカード(個人番号カード)が交付されます。
  • マイナンバーは、生活のさまざまな場面で一生使うものです。大切にしてください。

 

 マイナンバー制度のメリット

  •  公平・公正な社会の実現・・・所得や行政サービスの受給状況などが、より正確に把握できるようになり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。
  •  住民の利便性の向上・・・申請時に必要な書類の添付を省略することができ、手続きが簡素化されます。
  •  行政事務の効率化・・・行政機関・地方公共団体での作業の重複が削減され、手続きが円滑になります。

 
 

 マイナンバー制度今後のスケジュール

   平成29年 1月 マイナポータルの運用開始、国の機関等において情報連携開始
   平成29年 7月 地方公共団体において情報連携開始


 

マイナンバー(個人番号)

 平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の分野において、法令で定められた行政手続に必要となります。
 また、民間事業者や金融機関でも、税や社会保険の手続きで、マイナンバーを取扱うことになります。
 マイナンバーが必要な手続きでは、「マイナンバーの確認」と「本人確認」が義務付けられています。
 平成27年10月以降、マイナンバーをお知らせする通知カードが郵送されます。
 ※住民票の住所と異なるところにお住まいの方は、住民票のある市区町村へご相談ください。


 

個人情報の保護

 マイナンバーは、社会保障・税・災害対策の分野の手続きにおいて、行政機関に提供する場合を除き、他人に提供することはできません。
 他人のマイナンバーを不正に入手するなどの行為は、処罰の対象になります。
 特定個人情報保護評価とは、マイナンバーを含む個人情報(特定個人情報)を保有・利用する場合には、法令に基づき、個人のプライバシー等への影響やリスクを予測・分析し、リスクを軽減するための措置を講ずることを宣言するものです。
 中富良野町の特定個人情報保護評価結果をご覧になる場合は、特定個人情報保護委員会ホームページよりご覧ください。
 
 

マイナンバー制度の詳細

  制度の詳細や最新情報については、内閣官房 社会保障・税番号制度ホームページをご参照ください。
 よくあるお問い合わせについては、内閣官房 よくある質問FAQをご参照ください。

◆マイナンバー総合フリーダイヤル  0120-95-0178(無料)
 IP電話等で繋がらない場合は  050-3816-9405 におかけください。
 
平日 9:30~17:30(平成28年3月までは平日22:00まで、土日祝9:30~17:30まで開設)
 マイナンバーカードの紛失や盗難に伴う一時停止処理  050-3818-1250(24時間365日受付)

◆外国語対応のフリーダイヤル  0120-0178-26
 マイナンバー
カードの紛失や盗難に伴う一時停止処理  0120-0178-27
 (英語以外の言語については、平日9:30~20:00、土日祝9:30~17:30までの対応となります。

 
 

お問い合わせ

中富良野町役場 税務住民課 住民年金係
電話 0167-44-2124/FAX 0167-39-3884

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー