ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  上富良野消防署中富良野支署 >  住宅用防災警報器

住宅用防災警報器

火災警報器の設置
平成16年6月に消防法が改正され、住宅火災による被害を低減するため、すべての住宅に火災警報器の設置が義務付けられることになりました。

施行期日

新築の住宅…平成18年6月1日から
既存の住宅…平成23年6月1日から

火災予防条例により5年の経過措置後が有りましたが、平成23年6月1日から住宅に火警報器を設置する必要があります。

住宅用火災警報器の設置が義務化された背景

  • 建物火災による死者数の約9割が住宅で発生
  • 住宅火災による死者数は全国で年間1,000人を超える
  • 住宅火災により死に至った原因の約7割が「逃げ遅れ」
  • 死者の4割以上が就寝時間帯(22時から翌朝6時までの間)

対象の建物

  • 戸建住宅
  • 共同住宅(延べ面積500m²未満の小規模なもの)

取り付ける場所

  1. 就寝の用に供する居室(設計図上の「寝室」ではなく、実際に就寝用に使用している居室)
    取り付ける場所 主寝室取り付ける場所 寝室
  2. (1)の居室がある階から直下階に通じる階段(屋外の階段を除く)の上端
    取り付ける場所 階段
  3. 3階建て以上で(1)の居室が3階以上にある場合、(1)の居室がある階の2つ下の階に直上階から通じる階段(屋外の階段を除く)の下端
  4. 3階建て以上で、(1)の居室が避難階にのみある場合、居室がある最上階から直下階に通じる階段(屋外の階段を除く)の上端
  5. 上記(1)から(4)に該当しない階で、7m²(4畳半程度)以上の居室が5つ以上ある階の廊下(廊下がない場合は階段(屋外の階段を除く))
    取り付ける場所 全体図

住宅用火災警報器の種類

煙に反応する「煙式」と熱に反応する「熱式」があります。
(注)居室、階段には原則的に「煙式」の火災警報器を設置して下さい。
煙式警報器
煙式警報器

◎住宅用火災警報器は「NSマーク」がついているものを目安に購入することをお勧めします。
日本消防検定協会鑑定マーク
日本消防検定協会鑑定マーク(NSマーク)

【住宅用火災警報器に関する問い合わせ】
富良野広域連合上富良野消防署中富良野支署 指導係 電話:0167-44-2119
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー