ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  国民健康保険に関すること >  国保のしくみ(平成30年4月から国保制度が変わりました)

国保のしくみ(平成30年4月から国保制度が変わりました)

国民健康保険制度

 市町村国保は、勤務先の健康保険などに加入している方とその扶養家族、または生活保護を受けている方以外が加入する保険です。
 国保は国民皆保険の基盤ですが、高齢の加入者の方が多いため、医療費水準が高く、所得水準が低いという構造的な課題を抱えています。
 そこで平成30年4月から、市町村に加えて北海道も国保制度を担うことで、安定的な財政運営を図っています。

 

加入者

 自営業者、農業などの従事者、パート・アルバイトなどで健康保険に加入していない人など
 

届け出

 国保への加入は世帯ごととなります。
 届け出が遅れると保険税・受診時の医療費に影響しますのでお早めに手続きを行ってください。

加入

・他市町村から転入したとき(職場の健康保険などに加入していない場合)
・職場の健康保険などをやめたとき(退職日の翌日)
・子どもが生まれたとき
・生活保護を受けなくなったとき

脱退

・他市町村へ転出したとき
・職場の健康保険などへ加入したとき
・死亡したとき
・生活保護を受けはじめたとき
 

保険証(国民健康保険被保険者証)

 ひとり1枚ずつ交付され、医療を受けるときの受診券となりますので大切に取り扱いましょう。
 住所など変更がある場合は届け出てください。
 万が一なくしたときは印鑑を持参のうえ、再交付の申請を行ってください。
 

平成30年度から変わること、変わらないこと

被保険者証(保険証)の記載内容が変わります

保険証の有効期限が、原則毎年7月31日になります

 ただし、更新日までに75歳に到達する方などは異なる場合があります。
 中富良野町での保険証更新は、7月中旬から下旬にかけて郵送により実施してますので、新しい保険証が届きましたら台紙よりはがして使用してください。なお、有効期限が切れた保険証については、はさみ等で切るなど、各自で処分してください。

高額療養費の多数回該当の算定回数が道単位で通算され、皆様の負担が軽減されます

 道内の他市町村への転出等であって、世帯の継続性が保たれている場合には、平成30年4月以降の療養において発生した高額療養費の多数回該当の算定回数が、通算されるようになります。

皆さまの届出等の窓口は変わりません

医療機関の受診方法は変わりません

 今までどおり、医療費の1~3割が自己負担となります。被保険者証(保険証)を提示して受診してください。
 

お問い合わせ先

役場税務住民課国保医療係(0167-44-2124)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー