ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  観光・産業 >  観光に関すること >  ようこそ!なかふらの >  観光スポット >  北海道風景画館・画家の庭「風樹園」

北海道風景画館・画家の庭「風樹園」




 
 北海道風景画館は、三十年に渡りこの地を描き続ける画家 奥田修一の現在進行形の美術館である。
夏は三十度、冬はマイナス三十度と最北の厳しい自然の中、徹底した現場主義の画家の絵には、その場に立っているような臨場感、また求道者の様な宗教性も垣間見られる。
 昭和25年築の木造の洋館は、ノスタルジーな雰囲気が漂い、ユン・ソクホ監督の「心に吹く風」のロケ地になるなど絵画作品と相まって、訪れる人の心に響く印象を与え、何度も訪れる人が少なくない。
 隣接するアトリエを含む2000坪の里山には、絵画のモチーフともなる画家手作りの空間があり、画家の庭「風樹園」として散策ができ、画家の日常に近づくことができる。
 

ところ

〒071-0737
北海道空知郡中富良野町奈江(旧奈江小学校跡)

交通

町営バス2往復/1日
(問い合わせ:産業建設課 電話:0167-44-2123)
JR中富良野駅から 車で 10Km 約15分
 

開館日

4月25日~10月15日/期間中は無休
 

開館時間

9:30~16:00(入館)
 

入館料

一般400円、中高生300円
(団体20名様以上 一般350円、中高生200円)
※北海道風景画館/画家の庭「風樹園」共通券 大人700円、中高生500円
 

連絡先

北海道風景画館 電話・FAX:0167-44-4477

北海道風景画館のHP
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー