ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  教育・スポーツ >  中富良野町教育委員会 >  小中学校について >  就学援助制度のお知らせ

就学援助制度のお知らせ

就学援助制度とは

小・中学校に就学される児童・生徒の皆さんが安心して学校生活を送れるよう、経済的な理由により、学用品費や給食費などの負担が困難な世帯に対して援助を行っています。

申請できる方

申請できる方
申請理由 証明書類
生活保護を受けている 特に必要ありません
生活保護法に基づく保護の停止または廃止 前年の収入を証明する書類
地方税法に基づく個人の事業税の減免
市町村民税の減免等
固定資産税の減免(ただし住宅の新築による減免は除く)
個人事業税納税通知書と前年の収入を証明する書類
町民税更正通知書と前年の収入を証明する書類
固定資産税更正通知書と前年の収入を証明する書類
国民年金法に基づく国民年金の掛金の減免 国民年金保険料免除申請承認通知書と前年の収入を証明する書類
国民健康保険法に基づく保険料(税)の減免または徴収の猶予 国民健康保険税更正通知書と前年の収入を証明する書類
児童扶養手当法に基づく児童扶養手当の支給 児童扶養手当証書と前年の収入を証明する書類
生活福祉基金による貸付 生活福祉資金貸付決定通知書と前年の収入を証明する書類
経済的に就学が困難である
下記↓の収入の目安額を参考にしてください。)
前年の収入を証明する書類
その他特別な事情がある(病気、火災、交通事故などにより、経済的に学費の負担ができない。) 事情が説明できる書類等(ご相談ください。)
 
経済的に就学困難である場合の収入の目安額
世帯人員 2人(母・小学生) 2人(母・中学生) 3人(母・小学生2) 4人(父・母・中学生・小学生)
年間総収入額 約220万円 約240万円 約283万円 約323万円
  • おおよその目安額であり、世帯員の年齢などにより違ってきます。
  • 事業収入の場合は、年間総収入から必要経費を引いた金額です。
  • 世帯の中で2人以上収入がある場合(年金給付・失業保険・一時所得等も含む)は、合算した額です。

援助の内容(額については平成30年度の年額です)

援助の内容
区分 学用品費等
新入学
学用品費等
学校給食費 修学旅行費 体育実技用具費
校外活動費
(宿泊を伴う・伴わない)
医療費
(学校病)
クラブ活動費
部活動費
児童会費
生徒会費
PTA
会費
小学校 1年生 11,420 40,600 実費 実費 26,020
(3年に1回現物支給)
交通費・見学料
実費
実費 実費 実費
2~6年生 13,650 - 実費
中学校 1年生 22,320 47,400 実費 実費
37,340
(3年に1回現物支給)
交通費・見学料
実費
実費 実費 実費
2・3年生 24,550 - 実費
  • 生活保護を受けている方は、修学旅行費のみの対象となります。
  • 学用品費等について、年度途中から認定された方は月割支給となります。
  • 新入学学用品費等について、入学前の支給となります。

申請について

申請される方は、就学援助申請書に必要事項を記入し表面の証明書類を添えて、学校へ提出してください。
援助の対象者は毎年度、認定の審査を行いますので、前年度に援助を受けられていて、引き続き援助を受けたい場合も申請書を提出してください。
申請用紙は、各小・中学校及び教育委員会(なかまーる内)にありますので、お問い合わせください。
申請について
児童・生徒 申請書 提出先
在校生 同じ学校に 本人だけ 申請書1枚 在学する学校
兄弟姉妹がいる
または、弟・妹が入学する
兄・姉と同じ申請書で
別の学校に 兄弟姉妹がいる
または兄弟姉妹が入学する
別々の申請書で それぞれの学校
新入生 同じ学校に 本人だけ 申請書1枚 入学する学校
兄・姉がいる 兄・姉と同じ申請書で 在(入)学する学校
別の学校に 兄弟姉妹がいる 別々の申請書で それぞれの学校
兄弟姉妹が入学する
  • 年度当初の提出期限は、4月上旬までとしますので、上記の提出先に提出してください。
  • 年度当初以外は随時受け付けております。
    (ただし、申請書を提出された翌月以後が支給の対象となります。)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー