ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  中富良野町議会 >  議会の役割・権限

議会の役割・権限

議会の役割

中富良野町では、夢のあるよりよいまちづくりのために、多くの事業を進めていますが、そのためには事業のもととなる条例や予算を決めなければなりません。
議会は、町長から提案されるこれらの条例や予算などを審議し、決定する「議決機関」です。町民の皆さんの声を事業に繁栄させるとともに、事業が適正に進められているか監視しています。

議会の権限

議会には、町民の代表として十分な活動ができるように、多くの権限が与えられています。代表的な権限を紹介します。

議決権

町の意志を決定するために議会に与えられたもっとも基本的な権限で、町長や議員から提出された議案(条例の制定・改正・廃止、予算、決算、重要な契約の締結など)について審議し、可否を決定することです。

同意権

町の重要な人事(副町長・監査委員・教育委員会委員など)について、選任・任命する場合に、議会の同意が必要となります。

調査権

議会の有する諸権限の発揮が十分にされるように認められている権限で、町の事務を検査したり、監査委員に監査を求めたり調査を行うことです。

意見書の提出権

議会が町の公益に関する事項について、国・道などの関係機関に意見書を提出します。

請願・陳情を受理し処理する権限

町民などから出される請願・陳情を受理し、議会として採択・不採択などの意志を決定することです。
 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー