ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  税・年金 >  中富良野町ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)について

中富良野町ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)について

2015年、ふるさと納税がさらに身近になりました。

2015年 ふるさと納税制度改正のポイント
(1)特別控除額の上限を引き上げ ふるさと納税枠が約2倍に
(2)手続きの簡素化 ふるさと納税ワンストップ特例制度の創設
 
ふるさと納税 制度改正(1)
ふるさと納税枠を約2倍に拡充
ふるさと納税を行う際、2,000円を除いた全額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、約2倍に拡充されました。平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。
 
ふるさと納税 制度改正(2)
手続きの簡素化(『ふるさと納税ワンストップ特例制度』の創設)
確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合に、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合で、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。給与所得のみの方でも、医療費控除などの各種控除、株式などの所得を申告する方は対象外となります。
平成27年1月1日から3月31日にふるさと納税をされた方は、確定申告が必要となるため対象外となります。






 
 ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請手続きについて
申請方法

制度の利用を希望される方は、寄附申込書提出時に以下の申請書を一緒に提出してください。
docx ふるさと納税ワンストップ特例制度申請書 (53.4KB)
 

申請した内容に変更が生じた場合

申請書の提出後に、住所・氏名などに変更があった場合、申請をした翌年の1月10日までに以下の変更届出書を提出してください。また、申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は、申請が無かったものとみなされます。この場合は確定申告が必要となりますのでご注意ください。
pdf 変更届出書 (63.5KB)

申請の完了について

申請書(変更届出書)の提出とふるさと納税の入金を確認した後、中富良野町より受付書を郵送でお届けします。
受付書は制度申請完了の証明となりますので、大切に保管してください。

『ふるさと納税ワンストップ特例制度』の詳細は
こちら(総務省ふるさと納税ポータルサイト)でご覧になれます。



 

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)を募集しています!!! 

~中富良野町のまちづくりのために~

中富良野町 中富良野町
~皆様からの応援をお待ちしています。~

ラベンダーの香るなごみのまち「中富良野町」
まちの将来像「クリーン・グリーン 輝く未来 笑顔あふれるなかふらの」の実現に向け、町民と行政の協働によるまちづくりを目指しています。

美しい自然に包まれた、豊かで素敵な未来を築く。
次世代に、そしてさらに次の世代へ。
これまで受け継がれてきた、自然と共に生きる中富良野の歩みは、今も休むことなく続けられています。
 

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)とは?

ふるさと納税とは、「生まれ育ったふるさと」、「かつて住んでいて縁のある町」、「応援したいと思う町」などの所在している都道府県や市町村に対してふるさと納税(寄附)をすると、ふるさと納税(寄附)額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。
控除を受けるためには、ふるさと納税をした翌年に、確定申告を行うことが必要です(原則)。

 

皆様から多くの「ふるさと納税」が寄せられました
ありがとうございます!

                                                     (単位:円)
使い道 平成28年度 平成29年度
保健・医療 12,479,000 11,804,000
福祉・子育て 36,129,000 33,221,126
産業
教育・文化・スポーツ 6,833,000 6,744,000
自然環境・交通体系 23,651,761 21,648,003
町長が必要と認める 44,105,000 39,466,432
合計 123,197,761 112,883,561



中富良野町
 

ふるさと納税の使い道は?

多くの皆様からよせられました「ふるさと納税」は、下記の6つの使い道から寄附者が選択することができます。

■保健・医療の充実に関する事業
■福祉・子育ての充実に関する事業
■産業の振興に関する事業
■教育・文化・スポーツの推進に関する事業
■自然環境・交通体系の整備に関する事業
■町長が必要と認める事業

 

これまで寄せられました多くのふるさと納税は、次の「使い道」に使わせていただきました

                                               (単位:円)
使い道 平成28年度 主な使い道
保健・医療 6,071,000
町立病院補助金(高度医療に要する経費)
福祉・子育て 17,578,000
保育料軽減経費
障害児保育業務委託
産業
教育・文化・スポーツ 3,325,000 図書(小学校、中学校、図書館)
自然環境・交通体系 11,507,000 緑の月間経費
道路歩道設置工事(北18号線歩道)
町長が必要と認める 21,458,000 乳幼児等医療費給付事業
消防自動車整備事業
パークゴルフ場維持管理経費
合計 59,939,000
 
使い道 平成29年度 主な使い道
保健・医療 14,000,000
町立病院補助金(高度医療に要する経費)
乳幼児等医療費給付事業
福祉・子育て 30,000,000
保育料軽減経費(単独事業分)
新定住応援促進事業補助金
市町村発達支援センター事業委託
産業
教育・文化・スポーツ 9,000,000 教育用コンピュータ(小学校、中学校)
図書(小学校、中学校、図書館)
パークゴルフ場維持管理経費
自然環境・交通体系 20,000,000 道路歩道設置工事(北18号線歩道)
予約型乗合タクシー事業経費
資源分別・再商品化事業
町長が必要と認める 10,000,000 農業用ビニールハウス骨材等設置事業補助金
合計 83,000,000
  
 

ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)のお申し込み方法(手続き)

1.「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)申出書」ダウンロード 

様式 doc 申出書 (41.5KB)
  • 寄附金のお申し込みは、上記の「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)申出書」に必要事項を記入してください。
  • ダウンロードが出来ない場合は、お電話(総務課定住促進係:0167-44-2120)いただければ、「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)申出書」を郵送します。

2.「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)申出書」の送付

  • 電子メール(ファイル添付)、ファクシミリ、郵送、役場へ直接のいずれかの方法で申出書を送付します。
  • 電子メール:アドレス furusato@nakafurano.jp(件名を「寄附申込」と記入してください。)
  • FAX番号:0167-44-2127(総務課)

3.払込み用紙の送付

  • 「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)申出書」を受領後、中富良野町から払込み用紙を送付します。

4.「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)」の払込み

  • 払込み用紙(払込通知書)で、最寄りの郵便局の窓口で払い込みます。手数料はかかりません。
  • 現金書留及び銀行振込での払い込みを希望される場合は、郵送料、振込み手数料については、誠に恐縮ですが寄附される方のご負担となります。

5.受領書(寄附金受領証明書)の受け取り

  • 中富良野町から、「ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)」を受領した旨の証明書を送付します。
  • 確定申告(税額控除)に必要ですので、大切に保管してください。

6.確定申告

  • 3月15日までに最寄りの税務署に確定申告をします。なお、確定申告が不要な方は居住地の市区町村に申告をすることになります。
以上が、ふるさと納税(寄附金)の手続きになります。
ご不明な点がありましたら、下記担当者までお気軽にお問合せください。

総務課 定住促進係
電話:0167-44-2120
FAX:0167-44-2127
E-mail:furusato@nakafurano.jp

 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

中富良野町役場 総務課 定住促進係
電話 0167-44-2120/FAX 0167-44-2127

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー