ここからメインメニュー

  • トップ
  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報
  • 組織情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  防災・防犯・交通安全 >  土砂災害ハザードマップ

土砂災害ハザードマップ

中富良野町では土砂災害防止法に基づく「土砂災害ハザードマップ」を作成しました。

1.土砂災害防止法とは?

土砂災害防止法(土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律)とは、平成13年4月に施行された法律です。
土砂災害防止法は、土砂災害(急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)、土石流、地滑り)から国民の生命・身体を守るために、土砂災害が発生する恐れがある区域を明らかにし、「危険の周知、警戒避難体制の整備、一定の開発制限による住宅等の新規立地抑制、危険区域内の住宅の移転促進」等のソフト対策(土木工事によらない対策)を推進しようとするものです。

2.土砂災害警戒区域等の指定について

土砂災害の危険箇所を土砂災害防止法に定められている基礎調査により、北海道が各地域を調査し、解析して土砂災害が及ぶ区域を明確にします。
区域には土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)と土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)があります。

1.土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)

土砂災害が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域(土砂災害のおそれのある区域)であり、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。

2.土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)

土砂災害が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域(土砂災害警戒区域のうち、建物が破壊される可能性のある区域で、特に危険な区域)で、危険の周知、警戒避難体制の整備、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます。

中富良野町の土砂災害警戒区域は2ヶ所あります。

3.土砂災害危険箇所

中富良野町では土砂災害警戒区域(2箇所)とは別に土砂災害危険箇所(9箇所)があります。 
土砂災害危険箇所は北海道が実施して調査で判明した、土石流、地すべり、急傾斜地の崩壊が発生するおそれのある箇所です。
pdf 土砂災害危険箇所図(上富良野町・中富良野町) (2.0MB)

北海道には、約12,000箇所の土砂災害危険個所があります。
土砂災害危険個所の内、土砂災害警戒区域等の指定状況及び基礎調査結果は、こちらをご覧ください。また、現在出されている「警報」や「警戒情報」等は「北海道土砂災害警戒情報システム」で確認することができます。

土砂災害警戒区域等指定状況及び基礎調査結果
 

4.土砂災害警報が出たら

土砂災害警報が出て、避難が必要と判断した場合、町は避難勧告や避難指示を発令します。
発令は防災行政無線等を利用して情報発信しますので、直ちに避難をしてください。
土砂災害のおそれがある避難場所は、土砂災害ハザードマップと洪水ハザードマップでは異なりますので、避難勧告・避難指示が出された時は、土砂災害警戒区域に居住されている方、土砂災害警戒区域・危険箇所付近にいる方は、土砂災害ハザードマップの避難場所または町が指定した避難所に避難してください。

災害の種類(大雨や土砂災害等)や気象条件等により避難経路や避難場所を選択して避難してください。避難場所への避難が困難な場合は、周囲の建物より比較的高い建物(鉄筋コンクリート等の堅固な建物)の2階以上に避難するなど、生命を守る最低限の行動をしてください。また避難の際には、非常用持出品(救急セット・食料品・ラジオ・懐中電灯等)を携行して、洪水ハザードマップの土砂災害危険箇所や浸水想定区域を避けて避難してください。

「土砂災害ハザードマップ」「洪水ハザードマップ」同様に、家族全員がわかるように保管をお願いします。

災害はいつ起こるかわかりません。危険箇所が身の回りにあるということを認識し、日頃から防災の心構えをもって災害から身を守りましょう。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー